マイケル・ジャクソンから学ぶ恋愛の法則

自己紹介と恋愛におけるギブ&テイクについて

 

こんにちは。

 

私は37歳、専業主婦をしている女性です。

 

これまで生きたきた中で、恋愛についてふと思うことがあります。

 

それは、人は好きな人に対してはどこまでも寛大でいられるけど、嫌いな人や興味のない人に対しては、どんな些細なことでも許しがたく思うこと。

 

これは、恋愛にもあてはまります。

 

好きな相手が自分のことを好きでなかったとしても、好きな相手にはどこまでも優しく紳士的な対応がとれるものです。

 

しかし、一方で、自分が興味のない人や嫌悪感を抱く人なら、いくら自分に好意をもってくれて尽くしてくれても嬉しくないどころか、迷惑と感じる場合もあります。

 

これは、一体、どういうことでしょう。

 

恋愛におけるギブ&テイクは、一筋縄ではいかないのです。

 

相手が求めていないのに、あれこれと与えるだけではただのお節介。

 

相手の心に響く何かを与えてこそ、本物のギフト。

 

これは、物ではない買えないギフト。

 

そんな恋愛における相手へのギフト(相手に心を響かせるもの)は、恋愛において必要不可欠な物だし、それが出来る人はずっと相手から大切に想われるんだろうなと思っています。

 

 

マイケル・ジャクソンの恋愛から気付かされたこと

 

自分の直接の体験談ではないけど、周りの友達の恋愛を見たり聞いたりしていくうちに、恋愛ってこういうことかって、恋愛の法則のようなものをハッと気付かされることがあります。

 

例えば、有名人で言うならば、マイケル・ジャクソンの奥様との関係。

 

マイケル・ジャクソンは、みなさんご存知の通り、2度結婚をしています。

 

一人目の奥さんは、エルビス・プレスリーの一人娘リサ・マリー・プレスリー。

 

美人で容姿も美しく、なんといっても、父親はあのエルビス・プレスリー!

 

マイケル・ジャクソンは、エルビス・プレスリーのファンでもあったので、娘のリサ・マリー・プレスリーに心惹かれるのに、そう時間はかからなかったことでしょう。

 

しかし、リサ・マリー・プレスリーの性格といえば、尽くすよりかは尽くされたい女性。

 

マイケル・ジャクソンと夫婦喧嘩をしたときに、子供が欲しくてたまらないマイケル・ジャクソンに、「もう子供作るような行為してあげないから!」と言える女性。

 

一方、二人目のデビー・ロウは、マイケル・ジャクソン行きつけの皮膚科の看護師。

 

恋愛関係による結婚ではなく、子供が欲しいマイケル・ジャクソンのために子供をプレゼントしてあげたいと、自ら申し出た女性。

 

結婚も望まないし、ただただ、マイケル・ジャクソンのために子供を産んであげたかった女性。

 

もちろん、デビー・ロウはマイケル・ジャクソンのことが好きだったのでしょう。

 

悲しいことにマイケル・ジャクソンは、そんな気持ちは全くなく、デビー・ロウに自分の子供を造らせている間も、リサ・マリー・プレスリーと離婚する意思はありませんでした。

 

 

恋愛においての法則!?相手を振り向かせるために必要なこと

 

報われない恋をしているデビー・ロウ。辛いですね。

 

しかし、デビー・ロウの妊娠が安定期に入り、この事実が公となると、マイケル・ジャクソンの母親が「妊娠させたのだから、籍を入れてあげなさい」と諭され、マイケル・ジャクソンはリサ・マリー・プレスリーと離婚、デビー・ロウは妻の座を射止めました。

 

デビー・ロウは嬉しかったでしょうね。

 

しかし、マイケル・ジャクソンは子供まで作ってくれたデビー・ロウには全く関心を持ちません。

 

いつまでも、リサ・マリー・プレスリーのことが頭から離れることはありませんでした。

 

また、マイケル・ジャクソンの恋愛を語る上でよく登場するのがダイアナ・ロスです。

 

娘パリスちゃんの証言によると、マイケル・ジャクソンは妻リサ・マリー・プレスリーと一緒にでたミュージックビデオを何度も見ては、リサ・マリー・プレスリーの映像に目を奪われ、釘付けだったそうです。

 

一方、デビー・ロウに関しては、子供が成長し、「私たちのママは誰なの?」と聞いた時に一言「デビー」と答えただけ。

 

あれほど、尽くしてくれた女性なのに、デビー・ロウに関しては、無関心だったそうです。

 

ダイアナ・ロスに関しては、ダイアナにまつわる音楽が残されていることからも、彼女にぞっこんだったことが分かります。

 

この違いはなんでしょう。

 

それは、相手の心に訴えかけるギフトができるかどうかです。

 

マイケル・ジャクソンはエンターテインメントの神様。

 

ほとんどのダンサーがマイケル・ジャクソンに憧れ、ダンサーの道へと入ってきます。

 

それだけ、人々に感動を与えるものが大きいのです。

 

そして、マイケル・ジャクソン自身も、リサ・マリー・プレスリーやダイアナ・ロスから、心惹かれるものをたくさんもらっていたのでしょう。

 

それは、女性の美貌であったり、寛大な広い心であったり。

 

デビー・ロウには寛大な心を持つ素敵な女性ですが、残念ながら、女性としてマイケル・ジャクソンに感動を与えるほどの魅力が乏しかったのでしょう。

 

 

出会いがなければ、その間に自分磨きをしよう!

 

もし、出会いがないと悩んでいるのなら、ここはひとまず焦らずに、異性がいそうなサークルやクラス会などに参加してみましょう。

 

好きな男性が現われるまで待ちながら、自分の女性としての魅力を磨きましょう。

 

顔の造形を変えることはできませんが、体重を維持したり、肌を綺麗に保つ努力をすることは、男性に女性としての魅力を感じさせる最高のギフトになります。

 

好きな男性がいたら、物で釣るようでは、絶対に成就しません。

 

あのデビー・ロウだって、子供という最高の贈り物をしたのに、全く関心を示されないのですから。

 

だから、女性としての魅力あるギフトをプレゼントしましょう。

 

それが、恋愛において相手の心を長くつかむコツです。

 

デビー・ロウも子供をプレゼントした時は、恐らく、とても感謝されていたことでしょう。

 

しかし、それは一時的なもの。

 

やはり、男性の心をつかむには、外見が美しい、料理が美味しいなどの女性としての魅力が大切です。

 

素敵な男性が現われたら、いつでも恋に落ちれるように準備しておきましょう。

 

 

男性にずっと慕われる女性になるために

 

では、女性としての魅力を身に着けるにはどうすればよいのでしょう。

 

例えば、料理を毎日作ったり、部屋を綺麗に片づけたり、あるいはちょとした縫物くらいはできるようにならないと。

 

でも、そんな完璧な女性は、そうそういません。

 

だからこそ、男性から見れば、女性としての教養を身に着けている女性は貴重なのです。

 

男性の心をグッと捉えることでしょう。

 

そして、体型の維持も大切です。

 

体型が醜いのでは、どんなに中身がよくても男性は関心を示しません。

 

第一印象が大切です。

 

好感のもてる体型と清潔感のある服装を心がけ、髪や爪のお手入れをすることも大切です。

 

化粧も怠ってはいけません。

 

毎日の日課としましょう。

 

女性としての心を忘れずに、いつまでも男性に女性としての魅力(感動)を与えられるように心がけましょう。

 

これが出来るようになれば、いつでもあなたは幸せな恋愛ができます。

 

相手に想われる女性になるために、男性に感動を与えられる女性でいるために頑張ってみましょう。

 

彼氏が欲しい社会人の女性はこちらの記事を読んでみてください